見出し画像

Redmineハッカソン#0を覗き見してたら 4時間も経ってた。


[※この記事は2020年7月14日にアジャイルウェア公式サイトに掲載されたブログです。]

こんにちは!
ダブル当選した職場の方から
『リングフィット アドベンチャー』をお譲り頂いた(大感謝)
にも関わらず、

未だNintendo Switch本体の抽選に落ち続けている
アジャイルウェア広報・光岡です!
(※2021年2月現在無事に本体も手に入っております)

画像1


アジャイルウェアでは先日、
プロジェクト管理のOSS "Redmine" 本体の改善と品質向上を目的に、


「エンジニア主体でチケット(課題・改善リクエスト)を消化していくイベントをしたいね〜!」


となりまして。


じゃあとりあえず少人数で一回トライアルしてみようかということで、

『Redmineハッカソン #0』を、

6月25日に(こそっと)オンライン開催しました!


そんなRedmineハッカソン、
もちろん私は参加できるだけの技術力を持ち合わせていませんでしたが、

👉 なんか面白そう!!
👉 ハッカソンという響きがカッコいい!!

友人や家族に、「こないだ会社のハッカソンに参加したんだけどさ〜」と、
👉👉👉 サラッと言ってドヤりたい!!

そんな若干の下心を持ちながら、
Redmineハッカソンに野次馬参加してきました。

というわけで本日はRedmineハッカソン#0の(雰囲気)レポを
お届けしま〜す!

(注)Redmineのテクニカルに関するお役立ち情報はございませんのでご了承ください。


アイスブレイクが止まらない

トライアル開催だけど、社内メンバーだけだと刺激がないよね!

というわけで、うちのCEOが

Redmineのクラウドサービス「My Redmine」を提供されている
ファーエンドテクノロジー(株)さんにお声掛けし、
3名(エンジニア2名+代表前田さん)ご参加頂けることに!

アジャイルウェア社内からは
3名(エンジニア2名+CEO川端さん)参加で、計6名!

参加者


のはずが、

野次馬


なぜか会場には 9人
野次馬が私だけではなかったようで一安心(笑)


6人の自己紹介も終わり、いよいよ開始!

かと思いきや、

Redmineではなく会場の
Remo(アジャイルウェアが導入しているバーチャルオフィス)について
盛り上がってしまい、

あっという間に

30分経過

やっとRedmineの話題になったと思ったら、

「Redmine公式サイトでパッチレビューしてくれる人がいなくて辛い…。」

「アイデアは出てもいざ実装すると、既存のコードを結構大規模にイジらないといけないことがよくあるよね。」

「てかリファクタリングしにくくない!?」

などなど、

皆様Redmineのパッチレビューやコミットについての
話題が止まらないようで、

3時間開催のハッカソンなのに、

アイスブレイクに1時間半費やしていました。

(トライアル開催ということもあり、
誰もタイムテーブルを作っていなかった……)


やっと始まったRedmineハッカソンで
バーベキュー社長が神格化


なんだかんだと時間が経ってしまったRedmineハッカソンですが、

①題材となるチケット候補を前田さんがピックアップ
②出されたチケットを投票制で2チケットに絞る
③チケットごとにチーム分けしてエンジニアが実装
④ふりかえり&レビュー
⑤パッチとして本家のチケットにアップ

という流れで残り1時間やりきろう!と、ようやく開始。

ハッカソン①


このチケット候補を選ぶときの前田さん、
それはもう楽しそうで……

すごいスピードで候補チケットを流してくる(笑)


あまりの多さと速さに参加者から、

「前田さん、時間もないですし、それくらいで……」

と、やんわり止められておりました。


実は個人的に前田さんのイメージは、
「バーベキューの社長さん」※

(※前田さんはご自身の著書「入門Redmine」の中で、バーベキューの段取りを例にRedmineをわかりやすく紹介されています。)

画像5


だったのですが、


「表立って困ってる人はいないけど、こっそり困ってる人がいると思うんですよ。」

画像6


と、仏のような発言をされたり、

11年前からあるチケットについて言及されたり、

画像7


話に出たチケットを瞬速で出してきたり、

画像8


途中から前田さんが

Redmineの(妖精)神様みたいに見えてきました……。

画像9


急に始まった相席食堂

チーム分けされて作業に入ると、
内容がますますちんぷんかんぷんな私。

自分の業務をしつつ、たまに覗いていたら、

おや?うちのCEOが珍しくミュートにしてる?

ハッカソン画面


んんん、CぃーEぃーOぉぉぉぉおおおー!?


もしかしてお食事されてる!?

しかも結構ガッツリ目なランチですね!?


時間がなくてCEOが社内MTG中に食事する
というのはよくある風景なのですが、


真剣な表情の神の横で、リラックスモードで食事するうちのC・E・O!!!

ハッカソン画面2

この二人の対比がすごくてツボってしまい、
気づいたら腹抱えて笑ってました。


というか、千鳥さんのTV番組
相席食堂」の雰囲気に酷似\(^o^)/


なかなかゆるふわな雰囲気のRedmineハッカソン#0。
(ゆるふわの使い方を間違っている気がするけど、まぁいいか)


飛び入り参加者たち


チケットの作業中も、止まらないRedmineの情報交換。

そして

「参加しないけど、横で聞いてます。」

と言っていた野次馬仲間G氏が、

ハッカソンG氏


結構な割合でチャット参加していらっしゃる。

G氏チャットコメント

(もう参加者としてカウントしていいレベル)



さらに後半で参加者が

「う〜ん?これは??」

となったトピックに、


「それは●●●やな〜〜!」

ハッカソンS氏


と、急に音声で飛び入り参戦するS氏。
参加者一同、


おったんか〜〜〜〜い!!!!


と、心の中で突っ込んだ瞬間だったかと。

(正直部屋から退出しそびれただけかと思っていたので、
本当にみんなビックリ。)

今回のRedmineハッカソン#0で唯一悔やまれることは、

このS氏が発言した瞬間の
みんなのビックリ顔をスクショできなかったことです。


実質40分弱の割にはちゃんとできた。
このまま次のイベントも企画しちゃおう!

実質の作業時間が40分弱(え!?3時間もあったのに!?)となった割に、

両チームとも成果を出し、
ふりかえりとRedmine公式にあげて無事Redmineハッカソン#0は終了!

かと思いきや、

「またやりたい!!」
「熱が冷めないうちに7月中とか!?」
「ハッカソンじゃなくて、もっとわかりやすい名前でやる!?」


と、次のイベント企画に、
この後1時間ほど続けてお話されていました。(実質4時間の会に)

というわけで、ハッカソンではなく、
「Redmineパッチ会」と名前を変えて、

7月23日(祝)13:00~17:00に開催することになったそうですよ!
(※2021年2月現在まで継続して開催されております:詳しくはこちら

ご興味ある方はぜひチェケラッチョ!


まとめ


イベントのタイムテーブル……マジ大事!

現場からは以上です。


アジャイルウェア広報
光岡


この記事が参加している募集

オープン社内報

広報の無法地帯とも言える公式裏アカTwitterでは、ありのままのアジャイルウェアを発信しています!

スキありがとうございます♡めちゃくちゃうれしいです♡ byアジャ猫子
7
アジャイルウェア公式note。 簡単操作でプロジェクト管理「Lychee Redmine」、議事録の”面倒”をなくした「GIJI」といった顧客の仕事を『楽にする』サービスを開発しています。 フルフレックスやリモートワーク、上司のいないフラットな環境で、働き方も『楽に』『自由に』。